スマホアプリ「Any.Do」ファミリーが最強すぎる件

やべー、アプリでこんなに興奮したの久しぶり。

Any.Do
メール、カレンダー、タスク管理、メモの領域って無数にアプリが存在するんだけど、アプリAny.Doシリーズが単独でこの4領域全てのシェアを奪っていくことになるかも。これから紹介するアプリはMailboxEvernoteキラーになるポテンシャルを持っています。

タスク管理:Any.Do

Any.Doシリーズ第1弾。既に色んな賞を受賞し、実績を出している人気To Doアプリ。とにかくシンプルで使いやすいUIがたまらない。

僕はこれまでApple純正のリマインダーやGoogle Tasksなどでタスク管理をしてきたけどどうもしっくりこなかった。Any.Doはドンピシャで、これからのメインTo Doアプリになりそうです。

まだダウンロードしていない人はだまされたと思って今すぐ使ってみてください。一瞬で惚れると思います。

カレンダー:Cal

Any.Doシリーズ第2弾。第1弾のAny.Doを更に上回る完成度を誇るカレンダーアプリ。これだとスケジュール管理も楽しくなりそう。もちろんAny.Doとの連携も出来ます。

メモ:Memo & メール:Mail

http://www.any.do/#coming-soon

Any.Doシリーズ第3、4弾。まだローンチされていないけど近いうちにメモとメールアプリが出ます。Any.DoとCalから推測するにかなりシンプルかつフラットなメールとメモアプリになるのでしょう。

僕は今メールにMailbox、メモにEvernoteを使っていますが、恐らくこれらの王道アプリを捨ててAny.Doシリーズに乗り換えることになると思います。

写真:Pic

これは僕が勝手にでっち上げたものだけど、この際写真アプリも出してみてはいかがかと思う。上記4つのアプリとの親和性も抜群な気がしています。

飽和状態のアプリ市場でも、実はデザインとかUIを工夫すれば勝負する余地があるのかもしれません。Any.Doシリーズはそれを証明してくれるいい例。上記のアプリはそれぞれ単独でも素晴らしいけど、組み合わせて使うことでポテンシャルを最大限発揮できるので全部揃えて試してみて欲しいです。

しかしなんでアメリカ人が作るアプリやサービスはいつもこうセンスがいいのだろう…

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】
高橋 京介
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 2,340
スポンサーリンク