まだ名刺で消耗してるの?

これは別にミニマリスト云々は関係なく、一般的に非効率だなと思う話。

私たちがいつも受け取る/渡す名刺には大体2つの結末が待っています。

1つ目は、とりあえず名刺を束にして重ねておくパターン。この場合、後々その名刺が使われることはほとんどなく、最終的に捨てることになります。仮に「あの人に連絡したい。連絡先なんだっけ。」と思って束をあさることがあっても、見つけ出すのに一苦労。

名刺コレクターになっても無意味です。有名な社長と名刺交換するとテンション上がりますが、彼らに相手にされる存在にならなければ、そんなの何の意味もありません。

2つ目は、おきまりの「先日は有難うございました。」メールを送るパターン。もちろんこれは社交辞令にとどまらず、ちゃんと次のミーティングに発展することもあるでしょうが、それはお互いが対面であいさつを交わした際にある程度決まっていることが多い。もらった名刺全てに社交辞令メールを送っているならそれは時間の無駄でしかありません。

上記のような問題を解決するため、クラウドで名刺を管理するツールなどもあるけど、もらった紙の名刺をスキャンして保存するのはこれまた手間だし、実質やっていることは上記の名刺コレクションと同じです。「紙の名刺を交換するという慣習」自体がやっぱり無駄を生み出しています。

そこでそれらのツールは、スキャン自体を無くすために、無線でスマホ上の電子名刺を交換できるようにし、そのプロフを元にSNS化してメッセージを送れたりするようになる、という方向性に向かっていきます。

あれ、これならFacebookでいいですやん笑 私たちの多くは新たなアプリを起動するより、はるかにFacebookやLINEの連絡先交換に慣れ親しんでいます。ならば、「御社のビジネスについてもっと詳しく話したいので、再度面会の機会を頂いてもいいですか?」と言って、ポケットからスマホを取り出し、Facebookの検索画面に名前を打ち込んでもらう、というのが何よりも効率良くないですか?

私が考える結論は、ベンチャーだろうと大企業だろうと、新卒だろうと偉い人だろうと、みんなFacebookを使って、そこに職歴を全部のせることです。そして社交辞令を抜きにして、本当にお互いが興味ある場合にのみ、Facebookを交換して、Facebookメッセンジャーでやり取りすればいい、ということになります。

人々の慣習というのはそう簡単には変わりません。人間は基本的に変化を嫌う生き物だからです。しかしこれだけIT化が進み、ありとあらゆることが効率化されていく中で、名刺交換は未だに原始的なのが不思議です。

こういう話をすると必ず「無駄にこそ意味がある」とか、名刺交換を神聖な儀式的扱いにする人がいるのですが、コンピューターに仕事を奪われるこの時代にそんなこと言ってられませんよね・・・

長い目で見れば、以下の写真のようにテクノロジーの進化と共に人の慣習が変わっていくのは明白です。名刺に関しても10年後くらいには完全に無くなっていても不思議ではないでしょう。

答えが既に出ているならば、今のうちからみんなで実践して、その時期を早めれば良くないですかね?

How Apple Has Changed The World In Just 7 Years [Picture = 1,000 Words]
ipad

スポンサーリンク