就活と恋愛は同じだ

こんなニュースがありました。

就活エントリー、1人平均44社 過去10年で最多

学生達のこの動きが間違っていることは、就活を恋愛に例えれば明らかです。

ある男性が、数打ちゃ当たる的な感覚で沢山の女性にアプローチをしても、「上辺だけだな」「大して自分に興味ないな」「他の女性にも会ってるな」とすぐ見破られて終わりです。たまに複数の女性を同時に落とすような器用な人もいますが、それはレアです。

一方で、口説く女性を1人ないし数人にしぼった場合、「すごく私に興味あるな」「信頼できそう」「デートプランが良く練られてて楽しい」と思われる確率は高まります。

他にも、ほとんどのケースにおいて就活は恋愛に当てはめて考えることができます。

道を歩いていると、一見ぱっとしない男がとてつもない美人と歩いているのを見たことある人は多いでしょう。その人は、実は他のどんな男よりもスポーツが出来たり、おもしろかったり、金持ちだったり、と実はスゴイやつなのかもしれません。もしくは、大して強みはないんだけれど、その美人が望むことを徹底的にリサーチし、戦略的に落としていった可能性もあります。

イケメンで優しいのに、案外女にウケない人もいます。そんな人は普通過ぎてつまらないのかもしれません。スパイスが必要です。

たまに、モテモテで次々と女がよってくる人がいます。会う女会う女、次々に落としていくような人。それはとてつもないイケメンかもしれないし、めちゃめちゃおもしろいのかもしれないし、もしくは女の扱いがとても上手いのかもしれない。いわゆる、優秀な人材ってやつです。

一方で、いつまでたっても女1人も落とせない人もいます。会う人会う人に断られる人。何かを変えない限り、女に縁は無いでしょう.

多くの女が口をそろえて「イイ男!」というくらいのイイ男に、全然魅力を感じない女の子がたまにいます。その女とは縁がないということであきらめましょう。

逆に多くの女が口をそろえて「何がいいの?」というくらいのダメ男に、惚れ込んでしまうような女の子もいます。ラッキーなことに世の中には物好きもいます。

デートで緊張して、言いたいことが上手く言えなかったり、相手を楽しませられなかったりする人もいるでしょう。次のデートは無いか、もしくは次のデートはハンデを負った状態でのスタートになります。たまに「失敗した姿が可愛い」ってことで好かれる場合もあります。

当たり前ですがデートでは相手の目を見て話すことが大切です。アイコンタクト無しに女は落とせないでしょう。

当たり前ですがデートでは身なりを整えることが大切です。パジャマでデートにいく人はいないでしょう。

当たり前ですがデートで遅刻はタブーです。最悪でもデートの10分前には着いていたいです。

このように、就活は全て恋愛に当てはめて考えることができますが、結論を言うとぶっちゃけ就活も恋愛も分からないということです(笑)私のケースだと、バイトの面接とかよく落ちてましたが、新卒でとある外資系企業を受けた際に、3日で内定を頂けました。

人生なんてそんなもんです。

採用基準
採用基準

posted with amazlet at 14.01.18
伊賀 泰代
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 1,444
スポンサーリンク