スマホ決済のCoineyがアツすぎる!

今週はCoiney(コイニー)の週でした。

クレディセゾン、スマホ決済のコイニーに5億円出資

米テスラ車もCoineyで買えるーーモバイルペイメントのコイニーが4日間限定の体験ストア「Coiney X Store」を28日に開催

コイニーを知らない人の為に簡単に説明すると、コイニーはiPhoneなどのスマホに指すことでクレジットカード決済を可能にするカードリーダーです。クレジットカード決済を導入したくてもコスト面などで厳しかった小規模店舗や個人商店も、これで安価で簡単にカード決済が導入出来るようになります。

アメリカには同種サービスとしてSquareというのがありますが(最近日本に進出)、実はSquare登場前から小さい店でのカード払いは珍しい話ではありませんでした。筆者はアメリカに昔4年間住んでいましたが、小さいカフェなどでよくカード払いをした記憶があるし、どこでもカードを使える印象があります。アメリカはカード社会なんですよね。一方の日本では、カフェでコーヒー1杯頼んでカードで払う、なんてことはまずありません。つまりコイニーみたいなサービスが流行ると、人々の消費の仕方も一気に変わってしまう可能性がある。日本でコイニーが流行ることは、アメリカでSquareが流行ることよりも大きな意味があるわけです。小額決済は電子マネーでもいいんですが、個人的にはクレジットカードも使えたら便利だなーと思います。

クレジットカード利用率の比較hikaku01hikaku02
このようにコイニーは壮大なチャレンジに挑んでいるわけですが、このスマホ決済市場において日本には強力なライバルが3社もいるんです。ソフトバンク、楽天、そして先ほど紹介したSquareです。孫正義、三木谷浩史、ジャックドーシーという偉大な経営者が率いる強者が相手なのです。

これ普通は勝てない勝負って思いますよね。この4社が提供しているサービスは、細かい違いはあれど基本的には全く同じサービス。すると手数料などで差を付けることになるわけですが、当初は価格競争みたいになってお互いが相手の動向に合わせて手数料を下げ合っていました。今は4社とも同程度の手数料に落ち着いていますが、このまま価格競争をしても企業体力的にコイニーは他の3社には立ち向かえません。

しかも楽天みたいにエコシステムの効いた所は、楽天で決済すれば楽天ポイント貯まる、みたいな事が出来るので超手強いです。創業した瞬間に3社もこんな強敵がいるってかなり厳しい状況です。

それでもコイニーならいけそう、と思ったのが今週でした。まずテスラ。Squareがアメリカで爆発的に伸びたのはスタバという影響力のあるパートナーの協力がきっかけでした。テスラは高額な買い物で、スタバのように全国どこにでもあるわけではないので性質が違うものだけれど、こういう協力って勢いをつけるためには有効だと思います。とりあえずコイニーってなんだかすげーってのが多くの人に伝わった。これがより効果的なアライアンスに繋がったりするのかもしれません。そして5億の資金調達。この額はライバル3社のバランスシートからしたら大したこと無い額かもしれないけど、コイニーが正式にローンチしたのが今年度であることを考慮にいれるとスゴイ勢いだなーと思います。多くの人に期待され、応援されてるんですね。次はどんな施策を打ってくるのか楽しみです。

そもそも日本のクレジットカード潜在市場は111兆と言われており、Winner takes allというわけでもないので、別に1位じゃなくても食っていけるかもしれません。でも、コイニーにはベンチャーの希望の星としてぜひ1番を狙って頑張って欲しいですね!

カード決済業務のすべて―ペイメントサービスの仕組みとルール
山本 正行
金融財政事情研究会
売り上げランキング: 9,756
スポンサーリンク