消費増税を機に消費について考えよう

4月1日から、消費税が現行の5%から8%に上がってしまいます。

これは実質給料が3%減るみたいなもんですよね。

105円のガムが108円になると考えると大した事ないですが、100万円の買い物をすると3万円余分に持っていかれるわけですからバカにできません。しかも更に上がって10%になるという可能性もあります。

これに対して私達ができることは大きく2つあります。

1つは給料を上げること。サラリーマンだとその可否は所属会社に大きく依存しますから、正直難しい部分があります。それならいっそ自分で起業したり、副業を始めればいい。ただこれはやる気や能力がある程度ないと厳しいですよね。

2つ目は誰でも出来ます。消費を減らす、ないしは消費をやめることです。私達は消費が当たり前の社会に生きています。しかし、ここで発想の転換をして、そもそも人生って消費しなくても楽しめるんじゃん?と自問してみてもいいかもしれません。

増税前だと焦って、お店に駆け込む人が沢山います。そうする代わりに、本当に消費で自分は幸せになれるのかを考えてみるといいかもしれません。人は皆、消費が幸せをもたらすと勘違いしています。私は以前、誰よりも消費が好きな人間でした。しかし、今私が一番幸せを感じる瞬間は、高い洋服を買った時でも高級料理を食べた時でもなく、友達とくだらない会話をして笑っている時だったりします。

消費というものは、効用が一瞬でなくなってしまうものが多いです。それよりも、友達との関係や、自分の能力など、永続的に続くものに投資をしたほうがいいと思います。

消費増税対策はシンプルです。消費を減らしましょう。

図解 消費税のしくみと実務がわかる本
小池 正明
日本実業出版社
売り上げランキング: 87,353
スポンサーリンク