あのイーロンマスクも実は就活に失敗したことがある

ELON MUSK - 100 Fascinating Facts, Stories & Inspiring Quotes | The Mini Elon Musk Biography (People With Impact Series)

将来「インターネット」「クリーン・エネルギー」「宇宙」の3つの分野で事を為す、と大学の時に決め、それを着実に実現させている現代最強の起業家イーロン・マスク。あのスティーブ・ジョブズを既に越えているという説もあるほどの超人ですが、そんな彼も実は就活に失敗したことがあります。

「常に批判を求めよ。原理を疑え」”世界最高の起業家”テスラモーターズ・イーロンマスク インタビュー

イーロン:実は、最初は自分で起業するのではなく、ネットスケープで働こうとしたんです。

インタビュアー:ネットスケープから雇われなかったんですか?

イーロン:返事が来ませんでした。ウォートン大学で物理と経済 – 物理とビジネスと言ったほうがいいのかな-の学位を取りました。そして大学院で高エネルギー物理学をやっていたし……。コンピューターサイエンスの学位もなければ、ソフトウェア関連の会社で働いた経験もなかったので……。まぁどういう訳かネットスケープからは音沙汰無しでした。実はネットスケープ社のロビーでうろうろしたりしたんですが、恥ずかしくて誰とも話せずじまいでした。

ウォートンで物理と経済って履歴書的にはめっちゃいいと思うんですけど、何故か書類も通らなかったようですね。これだけの逸材が面接にすら呼ばれないこともあるのです。(もちろん面接に呼ばれていたら受かっていた可能性は大ですが…)

んで時間が経ってイーロンはもう超人的な域に達しているわけですが、ネットスケープは大変な人材を見逃したことになります。

イーロンは別格なのであまり参考にならない話ですが、そういうことってよくありますよね。就活ではぱっとしなかったけどいつの間にか化けてたみたいな。

WhatsAppの開発者、過去にFacebookの面接に落ちていた→3255億円ゲット\(^o^)/

Facebookに1.9兆円で買われたWhatsappの創業者の一人、Brian Actonも、昔Facebookの面接に落ちたんですよね。。Facebookの面接に落ちる→自分で起業する→Facebookに多額で売却って、最高のリベンジですよね。

何が言いたいかと言うと、よく就活に失敗したり、大企業入れなくて人生終わったみたいな人がいますが、それをバネにして大逆転かましてやればいいってことです。日本は特に新卒採用の慣習がとても強くて、余計に就活失敗=負け組みたいなレッテルがつきやすい。でも、上記みたいに大逆転かまして、後で「あの時三菱商事に落とされたんですよ…」とか冗談交えて言えたらカッコイイすね。とにかく日本の就活礼賛はどうにかならないかねと思います…

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者
竹内一正
朝日新聞出版 (2013-12-06)
売り上げランキング: 1,888
スポンサーリンク