自分のアタマで考える>「英語」「IT」「会計」スキル

学生やビジネスマンの中には、漠然と「何かをしたい」「自分を磨きたい」とは思っているけれど具体的に何をしていいか分からない人も多いと思います。

そういう人にオススメなのが、とりあえず「英語」「IT」「会計(財務)」の3つの勉強をすること。この3つの重要性や汎用性は賢人らの共通認識でもあります。

大前研一

私はかねてから「英語」「IT」「財務」がビジネスマンの必須スキルだと提唱し続けてきた。

三木谷浩史

1つは英語。まず、英語はこれから絶対に必要な要素になります。英語でコミュニケーションができないと情報源が非常に限られます。英語だけではなく中国語でもいいですが、少なくとも英語でコミュニケーションができることが重要だと思います。情報が入ってくる、あるいは世界の人と話すことができなければダメです。

もう1つがIT知識。私が起業したときは、ITの知識はほとんどありませんでした。ただ、私と一緒にビジネスを始めた本城にしても、楽天の幹部にしても、IT知識は優れたものがありまして、彼らのおかげで楽天がここまで成長したとも言えますし、起業後私自身も一生懸命勉強しました。ビジネスとITというのは切っても切れないものなので、基礎的なプログラミングぐらいの知識はぜひ身に付けていただきたいと思います。

3つ目が基礎的な会計知識。少なくとも、この3つはマスターしておく必要があると痛感しております。

勝間和代

英語と会計とITは、年収をあげていくための三大基礎必修スキル。

ということなので、やりたいことが見つからなければ、これらのスキルを身につける事は有用でしょう。

しかし、実はもっと大切な事があります。ちきりんさんが言うように、ネットの発達によって、どんなスキルでも今までより短時間かつ低コストで学べるようになったことです。つまりスキル習得自体にあまり価値は無くなってきたと…

大事なのは、その習得した知識やスキルをベースに「渋滞を抜け出す能力」を磨くことだそうです。

1)高速道路を使う能力

2)渋滞を抜け出す能力

のふたつの力が必要になるってことなんだけど、

それは、具体的に言えば、

1)オンラインの学習機会を使いこなすための英語とITリテラシーをもって、「日本の物理的な学習場所」ではなく「世界中の人が学んでいるオンラインサイト」で学ぶという姿勢と積極性であり、かつ、

2)“覚える”とか“学ぶ”ではなく、他者との違いを自分で創造できる力

なんだよね。

「英語」「IT」「会計」みたいな基本スキルを「学ぶ」のもいいけど、結局は自分で「考える」「創る」ことが出来ないとダメってことですね!

スポンサーリンク