Facebookの社長室がシンプルかつオープンでめちゃイケてる件

facebook-715811_1280

Facebookの創業者であり社長を務めるマーク・ザッカーバーグが、自身のFacebookページで自社の新オフィス映像をシェアしていました。

当然そこでは自身の「社長室」も紹介しているのですが、これがめちゃめちゃイケてます。

First live video at Facebook HQ

Posted by Mark Zuckerberg on 2015年9月14日

まずはFacebook社の執務スペースの全体像から。

スクリーンショット 2015-09-22 午後5.49.10

スクリーンショット 2015-09-22 午後5.49.46

日本の会社にはあまり見られないようなとてもオープンな空間ですね。

続いて彼は自分のデスクを紹介。

スクリーンショット 2015-09-22 午後5.51.33

彼の「社長室」は一般社員のデスクとほぼ変わりなく、「世界中をオープンにする」という彼のミッションはそこにも見事に体現されていますね。Facebookでは、経営幹部含め誰も個別の部屋は与えられていないそうです。

続いて経営会議などを行う部屋。

スクリーンショット 2015-09-22 午後5.54.32

壁はガラスになっており中が丸見えですね。ザッカーバーグはやはりここでも「オープン」にこだわっている様子。全社レベルで透明性を確保しようという姿勢は一貫していますね。

たった10年で10億人が使うサービスを作り上げ、弱冠30歳前半で既に世界でトップクラスの億万長者となったマーク。こんだけ大成功を収めていながら、全く飾らない姿が素敵です。

「社長室」というと、高層階に位置する仕切られた大きな部屋というイメージがありますよね。経営会議も秘密の空間で行われているみたいな。一方Facebookのそれはシリコンバレーならではで、日本の会社ではあまり見られないタイプのものですよね。

ITの進化に伴い、中間管理職不要論も叫ばれ企業構造もどんどんフラット化が進む中、「社長室」もこのような形になるのは必然の流れかもしれませんね。

スポンサーリンク