美容師とカットモデルをつなぐアプリ「hairmo」を使って髪を切ってみた

アシスタント時代を終えたばかりの見習い美容師は、その腕を磨くために街角でよくカットモデルを探しています。しかし、そう簡単にはモデルを捕まえられないのが現状の問題点でした。

それは、無料もしくは安価で切ってもらえるとはいえ、自分の大事な髪の毛を見習いに切ってもらうのはやっぱり不安だ、という人が多いからです。一方で、髪の毛にそこまでこだわりはないので安価で気軽に切れればよい、と思っている人も実は結構存在します。

そんな見習い美容師と、気軽に髪を切りたいカットモデルを上手くつなげようと試みたのがhairmoというアプリです。(ちなみにmixiも似たようなアプリを出しています。)

このアプリは上記の課題を見事に解決しています。

美容師の視点で見れば、わざわざ街角に出てスカウトしなくても、ITの力を使って効率的にモデルを集められます。行き当たりばったりにスカウトして、気軽に髪を切りたい人に出くわす確率は低いです。しかし、このアプリを使えば、スカウトするどころかカットモデルの方から自発的に依頼がくるのです。

カットモデルの視点で見ると、事前に美容師とのコミュニケーションが取れるようになっているし、その美容師の評価なども見れるので、見習いは不安だ、という心配が軽減されます。

私は大して髪の毛にこだわりがなく、カットでもカラーでも安価に済ませられればいいやと思っているので、今回hairmoを使って髪を切ることにしました。

とりあえず美容師のレビューを見て評価が高い人を選び、日時を指定して予約。その日時にその方がいる美容院に向かいました。

私の要望「ワンダイレクションのハリー風ヘアーにして欲しい」(髪にこだわりあるじゃねーかw)

これです

ワン・ダイレクション ハリー・スタイルズ 19歳のメモリー

その方「大丈夫です。任せてください!」

この人スタイリング歴3ヶ月くらいらしいけど本当に大丈夫なのか?と思ったけど、結果は想像をはるかに越えた技術でビックリ。下手したらその辺の美容師より上手いんじゃないか?というレベル。しかもカットとパーマ合わせて2000円。これは普通の美容室には不可能な値段。

hairmo初体験はサイコーでした。カットモデルを探す全ての美容師必須のアプリになると思います。そして髪を気軽に切りたいと思ってるモデルも使うべし。ワンダイレクションのハリーみたいな難題出すと美容師さんにとってはスゴく練習になるし、それを安価で実現してもらえた時の喜びはたまりません。

次もhairmoで切りますよ〜

小さな美容室が大きな美容室に勝つための5つの法則
松井 竜馬
髪書房
売り上げランキング: 29,101
スポンサーリンク