人生経験に投資をしよう。幸せのためにモノは少なめに。

bike-252514_1920

Medium見てたらシンプルライフ関連で良い記事を見つけたので翻訳してシェア。ホントに同感です。
Invest in Life Experiences

今から20年後、あなたはやったことよりもやらなかったことに失望する。
ゆえに、もやい綱を解き放ち、安全な港から船を出し、
貿易風に帆をとらえよ。
探検し、夢を見、発見せよ。

—マーク・トウェイン

それはメディア中に溢れています。

ウォールストリートを走るランボルギーニ、セレブが使うルイヴィトンのバッグ、「成功者」が住むマンション群、リストは続く。

成功と幸せの定義は、どんな車を持ち銀行口座にいくらゼロがあるかで決まる、と私たちは完全に思い込むようになっていました。物質的な成功を偶像化して、その考えを周りに他人にも埋め込んでいきました。

幸せへの追求に心酔する社会において、物理的なモノに喜びを見い出すことを目的とするのは効率が悪いだけでなく、終わりなき旅なのです。

幸せへの鍵は欲しいモノを手に入れるために時間とお金を使うことではありません。
幸せへの鍵は人生経験をするために時間やお金を使うことなのです。

マスターカードはよく分かっています。

結局私たちを幸せにするのは、貴重な人生経験なのです。

人生経験が私たちを定義します。

12月に、私はハワイへ10日間瞑想の旅へ出ました。

それは人生で、最も激しかったが、最も啓発的な経験でした。そしてあれ以上に体と心がシンクロした経験はありませんでした。それ以上に、私が過去に設立を手伝った会社を辞めるとい一大決断を下すきっかけになりました。ニューヨークに住むという夢を叶えるために。

全ての経験には失敗や成功がつきものです。そして経験は私たちが誰であるかを教えてくれます。経験は、私たちがどんな考え方をし、誰に囲まれることを望んでおり、何が私たちを幸せにするのか、を教えてくれます。

何歳まで生きたかは重要ではない。いかにして生きたかが重要だ

—エイブラハム・リンカーン

物理的なモノの方が価値あるように見える世界に私たちは生きています。なぜならそれらのモノは触れるし持つ事もできるからです。しかしそれ以上に、物理的なモノは市場で金銭的な価値がつく事がその理由です。

日曜の午後に親友たちと崖をドライブで下っていくという経験を、物理的に感じるのは不可能です。配偶者との初飛行の経験を「売る」こともできません。人間に金銭的な価値をつける事ができないのと同じ理由です

もし私たちが経験というものを売る事が出来るとしたら、私たちは大金持ちになれるだろう。

—アビゲイル・ヴァン・ビューレン

私たちは、これまで私たちが見たり、聞いたり、嗅いだり、味わったり、感じたりしたものの蓄積なのです。サラリーマンを二度とやるなと教えてくれるのは経験であり、ビジネスで次の大きなブレイクスルーを生み出すきっかけをくれるのも経験なのです。

言い換えると、経験には人生の教訓がついてきます。
モノには請求書しかついてきません。

経験は私たちのもとに残ります。

一番大切な思い出を振り返ってみましょう、それは何でしたか?

私にとっては、それはクリスマスや誕生日にもらったプレゼントではありません。それはそのプレゼントを取り巻く文脈です。つまり、誕生会にいた人々やクリスマスの朝のホットチョコレートの匂いのことです。もしくは兄弟と共に始めて自転車の乗り方を学んだ時や、始めてデートに行った時のことです。これが今日まで私の顔に笑顔をもたらすものなのです。

モノへ投資することが危険なのは、モノには賞味期限があることです。

モノを買った瞬間、そのモノの市場価値が下がるだけでなく、私たちが抱いていた楽しみもすぐに消えてしまうのです。

経験は復活します。経験には感情的な寿命があるからです。経験は私たちが成長し人生を進めるにつれてより良いものになっていきます。経験は私たちの中に残り、生きている限りは人生に役立つ教訓となります。

コーネルの調査によると、対象者のうち83%が、モノの購入よりも頻繁に体験の購入をリピートすることがわかっています。

これはつまり、私たちは実際に経験をしている時にハッピーなだけでなく、その経験についてただ考えている時もハッピーであることを意味します。

以下が経験でいっぱいの人生を歩むための3つのヒントです。

経験でいっぱいの人生を歩みましょう。

1. 予算の優先順位を考えましょう

もし経験でいっぱいの人生を歩みたいのなら、そのために私たちはお金の使い道に優先順位をつけなければいけません。
フラットスクリーンのテレビかサウスアメリカへの旅行か、というシンプルな話です。

自分が人生で本当に必要なもので、長期にわたって自分の役に立つものは何かを知りましょう。実際は、人生を楽しむためにはそんなにモノはいらないのです。

モノを買う時はお金の使い方に気をつけましょう。そのお金を節約することで、人生を変える経験にまわす事ができるかもしれないからです。

2.もっとイエスと言いましょう

大人になるにつれ、意思決定はリスクを計算してよく考えて行うよう私たちは教えられました。もし人生経験を追い求めるなら、私たちはこの教えを捨て去る必要があります

最大の冒険は、全く予期せぬ時に始まるものです。

「〜したらどうしよう」で自分の心がいっぱいになってしまうと、他人の人生を指を加えて見てるだけの人生になってしまうでしょう。答えが分かる前から、「〜したらどうしよう」が「〜すべきだったのに」に変わってしまうことでしょう。

イエスと言い始めましょう。瞬間を生きるようにしましょう。次の経験の機会が訪れたら、このシンプルな質問を自分にしてみましょう。

この機会を逃したら後悔するだろうか?
明日、来週、それとも来年?
もし答えがイエスなら、もしくは多分だとしても、あなたは即答でイエスと言うべきです。

未来は常に不確実なものです。それは絶対に揺らぎません。しかし、考える事を少なくして行動を起こす事で、未来の作り方をあなたはコントロールできます。

3. 小さい(そして安い)冒険から始めてみましょう

あなたは、いつも同じ映画を何回も見たり、会社に同じ行き方で行ったり、同じレストランで食べるような人ですか?

いつもの生活から抜け出す必要があります。

新しい経験への扉を開くには、私たちの普段の生活における小さな決断や関わりから始める必要があります。安心できるからとオフィスの近くのイタリアンレストランにいく代わりに、新しい所に行ってみましょう。

最も充実した経験をするために沢山のお金はいりません。それはよく、その辺にあるものです。どこを当たればいいのか知っていればいいのです。

クーポンサイトを使う小規模事業者に関するネガティブな話はよく聞きます。しかし、安く、エキサイティングで、いままでにない経験を求めている消費者にとっては、それを使うのが一番です。

クーポンサイトを通じて、私は個人的にサルサレッスン(10レッスンで15ドル)から3コースの中世料理(39ドル)から飛行レッスン(88ドル)まで全てを経験しました。友達一緒に、もしくは1人でスゴイ体験をするにはそれが最も安い方法です。

小さなリスクを取り始めてみましょう。意外とあなたを遠くまで連れて行ってくれることでしょう。

もしこの記事から学んで欲しい事があるとするならば、以下になります。

我々はみんないつか必ず死にます。
そして人生の終わりに、みんな同じ質問を尋ねることでしょう。

生きたのか?
後悔はあるのか?
人生でしたい経験は全部できたのか?

自分の存在を、どんな車に乗っているかで定義したいのか、それとも人生において楽しんできた冒険や自由によって定義したいのか、自問自答してみましょう。

自分に請求書ではなく教訓をもたらすものに投資をしましょう。
モノは最小限にし、最大限の経験を積みましょう。

なぜなら経験が勝つからです。いつも必ず。

スポンサーリンク