日本のサラリーマンは仕事を定時で終わらせて帰ろう

日本のサラリーマンは仕事を定時で終わらせる気がありません。

本来仕事というのは、みんなで一丸となって定時までに終わらせる事を目指し、定時になった瞬間みんなで一斉に会社を出る、くらいの態度で望むべきです。

しかし日本のサラリーマンの多くは全く逆の働き方をしています。

日中はダラダラと働き、定時になったとたんに「さ、仕事でもするか〜」という感じで本格的に仕事に取りかかる人が多いのです。

つまり、日本のサラリーマン社会では非生産的で無意味な残業が頻繁に作り出されています。

もちろん世の中には本当に忙しくて時間が足りない仕事もあります。しかし僕が見てきたサラリーマンの多くは「残業して当たり前」という感覚で仕事をしています。定時に終わらせる気が全くありません。

僕はこの現象は主に、いわゆる残業我慢大会によるものだと思っています。

残業我慢大会というのは、陰のプレッシャーにより残業しなければいけない雰囲気が社内に充満し、みんながお互いの目を気にして不本意な残業をしている状況の事です。日本のサラリーマン特有の文化と言えるでしょう。

「上司より先に帰ったらまずい。」「早く帰ったら周りから良く思われない。」理由はどうであれ、「一生懸命頑張ったけどまだ仕事が残っている。」という残業の理由としては最も適切なものからはかけ離れている事が多いのです。

これを解決する方法は1つしかありません。サラリーマン1人1人が態度を改める事です。残業我慢大会が集団心理で発生している以上、その集団内の個々人が変わっていかなければこの問題は解決しないでしょう。

仕事をさっさと終わらせて定時ぴったりに帰る。このシンプルな事をより多くの人が実践するだけでいいのです。

こう言うと必ず「本当に仕事が多すぎて終わらない」という反論があります。でもそういう人に限ってダラダラと仕事をしているケースが多いものです。僕がよく見る残業の常連も「忙しい忙しい」というのが口癖です。

もちろんアナリストやコンサルタントのような、膨大なリサーチや分析を必要とする知的労働の仕事量は無限大ですが、日々のオペレーショナルなデスクワークについては、8時間一生懸命頑張っても終わらないというのは想像出来ません。ほとんどのサラリーマンは頑張れば定時帰りが可能なのです。

むしろ「1日6時間労働」のスタートトゥデイ それでもお給料は変わらないのように時価総額1000億企業でも6時間労働でいけちゃったりするのです。(最近業績は良く無いですが生産性で見ると前と変わってないそうです)

本当に忙しい人や仕事が好きな人はいくらでも働けばいいと思いますが、「早く帰ったら周りから良く思われない。」という理由で残業するのだけは絶対にNGです。

この記事を読んで自分に当てはまると思う人はこれからの働き方を見直してみて欲しいです。

少しでも多くの人が変われば日本のサラリーマン社会はもっとましになると思ってます。

社畜生活が悪い経験になってしまう原因は実は僕ら自身にあるのかもしれませんね…

社畜のススメ (新潮新書)
藤本 篤志
新潮社
売り上げランキング: 75,182
スポンサーリンク