残業はやめて副業をしよう!

ニッポンのジレンマという番組で、これからの新しい働き方について若い世代を代表するリーダー達が議論をしていました。議論が拡散していて、結局何が結論なのかよくわかりませんでしたが、最も回答に近いのがこれ。

会社に頼るのが危険だというのは皆わかっていると思うし、だからといって今すぐやめるのも非現実的。このように会社に働きつつも別のスキルや収入源を確保する事がもっとも賢い働き方でしょう。そのステップは簡単です。

残業はやめて副業をしよう!

仕事が終わったら早く家に帰ればいいのに、ずるずると効率悪く深夜まで残業するのも、会社を家か何かと錯覚しているからじゃないですか?

ー柳井正ー

どの外国人の友達に聞いても日本人は働きすぎであると言います。僕もそう思いますが、これは単純に仕事量が多いからという理由では無い気がします。日本には変な圧力が存在し、「早く帰ると悪く思われる」のように社内の目を気にする人が多いために、残業我慢大会が生じているのです。

そんな社内の目なんか気にしてもしょうがないです。あなたの人生はあなただけのものです。そんなに会社に尽くしても、出世できるのはごくわずかですし、その会社が潰れたらどうするんですか?その会社にしか通用しないスキルだけ磨いても役に立ちません。こう考えると、無駄な残業をして会社に尽くす意味はゼロです。その時間を代わりに副業にあてる方がよっぽど自分のためになるでしょう。

さぁ副業をする決意ができたらやることは簡単です。まずは社内規程を見てみましょう。副業について書いてあるはずです。書かれていない場合や、曖昧な表現をされている場合は、副業申請を出してみましょう。通る可能性が高いです。もし副業がダメと書いてある場合は、冒頭にもあったようにそれが可能な会社に転職しましょう。自分の夢のために。

サラリーマン+副業は最強

サラリーマンはよく社畜などという否定的な表現をされます。それは会社に使われていると思っているからでしょうか。逆に僕たちが会社を利用してやれば良いのです。サラリーマンは、法律によって色んな権利が保証されているし、会社に毎日出勤しさえすればリスクフリーで定額収入が得られます。こんなオイシイ話も中々ないものです。

社畜が嫌で将来独立したい人は多いはずです。でもすぐに会社を辞める必要はありません。自分が独立するまでサラリーマンとしての権利をフル活用するのです。日中はサラリーマンとしてリスクフリーの収入を得て、夜は残業をせずにその時間を副業にあてます。そしたら1日4時間くらいは副業に当てられるのはないでしょうか?

まずはそこから始めて、軌道にのってきたら独立すればいいだけの話です。

では副業で何をするか?

では、残業をやめてその時間を副業にあてるとしたら、いったい何をすればいいでしょうか?もともと夢がある人はそれに没頭すればいいでしょうが、ほとんどの人は漠然としか考えていないはずです。

例えば、クリエイターならCAMPFIREのようなクラウドファンディングを通してリスクフリーで資金を集める事ができますし、Gumroadを使って直接販売することから始めてもいいでしょう。BASEを使って個人ECサイトを作るのもいいかもしれません。このように個人でも容易に事業を始める事ができるサービスが最近どんどん出てきています。

他には株式投資のような難しい事に挑戦してもいいですし、探せばやることは結構あるでしょう。

いずれにせよ重要な事は、残業という無駄な時間を、何か他のスキルを身につけるためにあてることです。社内の目を気にするのをやめると、会社でストレスを感じる事はないですし、副業も充実します。

残業をやめて副業をする、これが「新しい働き方」への第一歩となるのでしょう。

フツーのサラリーマンが週末副業を始めてみた
細田 明佑
ぱる出版
売り上げランキング: 172,491
スポンサーリンク