シンプルに考える/森川亮

photo credit: Line messenger via photopin (license)

このブログのテーマであるシンプルライフとは、突き詰めれば人生における「選択」と「集中」です。

人生において最も大切な「本質」だけを追求し、不要なことは全て捨て去る。全ては豊かで幸せな人生を送るために。

その一例として私はモノとの決別を図りました。他にも不要なことはどんどん捨て去り、大事なことだけに集中する、その実践記にしようとこのブログを運営しています。

LINEの元社長である森川亮さんが、社長退任を機に出したこの本は、ビジネスも上記のようにシンプルに考えるべきだと主張する超傑作。

ビジネスにおいても、本質だけを追求し、他は全て捨て去れ、と彼は説きます。

戦わない
ビジョンはいらない
計画はいらない
情報共有はしない
偉い人はいらない
モチベーションは上げない
成功は捨て続ける
差別化は狙わない
イノベーションは目指さない
経営は管理ではない

と、これまでビジネスの「常識」とされてきたことを真っ向否定。

これはMBAや経営学的な教育を受けてきた人には目から鱗の発想なのではないでしょうか。

私自身、ビジネススクール出身ということもあり非常に型にはまった発想をしていたなと反省しました。

彼が言う本質とは、

ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること

当たり前といえば当たり前ですよね。でも、これをなおざりにして「経営」的なことばかりにフォーカスして失敗している会社が多いのも事実です。

逆に、全てを捨て去りシンプルにこれさえ徹底すれば残りのものは後からついてくる、というのが森川さんの主張です。LINEはまさにこれを徹底追求して生まれた傑作なんですね。

各項では、森川さんの前職であるLINEや日本テレビの例を使って、いかにこのシンプルな考え方を実践してきたかについて述べています。

大企業がいきなりこれを実践するのは無理がありますが、ベンチャーとかなら直ぐに実践可能な内容なのでは無いでしょうか。ベンチャー経営者必読の書。

スポンサーリンク