The Minimalist

ミニマリストとして人生における「選択と集中」を追求

人生

スティーブ・ジョブズの「最期の言葉」らしきもの。

2015/11/16

Pocket

P.S. 内容の真偽が怪しくなってきましたね、そもそもよく考えるとジョブズって富のために仕事してきた人間ではないよなと。むしろ富なんて元から全く興味がなくて、世界を変えることだけをやってきた人ですよね。以下は参考程度に読むといいかもです。何か情報ありましたらお伝え頂ければ幸いです。

たまたまFacebook上でスティーブ・ジョブズの「最期の言葉」なるものが出まわっていて、思わず読んでしまいました。どうやら内容の信ぴょう性はまだ分からないらしいですが、それでも感銘を受ける内容でした。スティーブの口から出てもおかしくないような深い内容と言葉の重みになっています。

原文を読む方が彼の言葉をそのまま浴びることができて理想的ですが、日本の方のために少し要約してシェアしたいと思います。

Steve Jobs’ Last Words -I reached the pinnacle of success in the business world.In others’ eyes, my life is an...

Posted by Dawn Elmhorst McKenzie on 2015年11月9日

私はビジネスの世界で頂点に立ち、成功の象徴になった。富と名声を手に入れたわけだが、そんなもの死を目の前にすると全く無意味なものだということに気づいた。

仕事を除くと大して喜びが無い人生だった。私が積み上げた富は墓場に持っていくことはできない。持っていくことができるのは、愛にあふれた思い出だけだ。それが真の「豊かさ」だと思う。

今やっとわかったことは、富よりも追求すべきことがあるということだ。人間関係や、芸術や、若い頃からの夢など、もっと意味のあることを追求したほうがいい。富だけを追求すると私のような歪んだ人生になってしまう。

成功して富や名声を得た人は、死を目の前にするとみんな同じように「そんなの無意味だ」というような主張をします。これは、富と名声だけを求めて全てを犠牲にしている野心家が気をつけるべき話です。薄っぺらいことだけを追い求めても何も意味ないよと。

みんな死に近づくと良くも悪くもミニマリスト的な発想になっていきます。実はこれが私がミニマリストを目指す理由でもあります。ジョブズらの偉人達がみんな同様のメッセージを発するので、物質的なことが無意味なのを私たちは頭の隅では知っています。しかし基本的に人間は死を前にするまでそれらに気づきません。死に近づいてやっと気づくくらいなら、もう今から実践しようというのがミニマリストの発想です。

物質的なものは、無くしてもいつでも見つけられるけど、無くしたら絶対に取り返せないものが1つだけある。それは命だ。

あなたの人生が今どの段階にあろうと、いつか人生の幕を閉じる日が必ずくる。

自分自身を大切に。そして家族や配偶者、友人への愛を大切にしよう。

Pocket

-人生
-