ダラダラ残業する時間を起業や副業に充てるほうがよくないか?

medium_400747989

photo credit: sgis via photopin cc

残業代ゼロ社会に向かう政府 年収300万円でもカット対象に

この話については賛否両論がありますね。

残業代ゼロにしたら残業する人が減るとか、サービス残業が増えるとか、色んな意見があります。

もうこの残業云々の議論ってやめたほうがいいと思います。もっとシンプルに考えればいいんです。企業や政府がこういう方針にするから、ってのはぶっちゃけ何も関係ないと思います。全て従業員次第。嫌なら残業はやめてしまえばいい。

ろくに昇進も期待できないような企業で残業するくらいなら、その時間を全て起業や副業に充てたほうがよくないですか?定時が18時だとして、そこから就寝までに自由時間が毎日7、8時間あることになります。つまり、残業をやめれば、毎日もう1つ別の仕事ができるくらいの時間は余裕で確保できるのです。

よく「社員は家族だ」みたいな主張をする企業がありますが、そういうのは社員をちゃんとフェアに扱ってから言って欲しい。そう言う企業に限って社員を思い切り搾取しているケースがあります。

「会社のビジョンに社員も共感して欲しい」という企業は多く、それは大変重要なことだと思います。しかし、社員が会社のビジョンに共感することと、残業して沢山働くことは、全く別の話だと思います。

年功序列や終身雇用が保証されて、会社が永遠と続くなら話は別です。しかし、時代は変わりましたよね。従業員ができることは自分で自分を守ることだけです。

スポンサーリンク