Twitter3兄弟のセンス半端ない

ビズ・ストーン氏、画像利用のクラウドソーシング検索サービス「Jelly」を発表

http://jelly.co/

今では誰もが知っているTwitterというサービス。それは主に3人の起業家(正確には4人らしい)の手によって始まりました。

スティーブ・ジョブズの後継者と言われ、現在最も有名な起業家の1人であるジャック・ドーシー。
始めは何者でもなかったドーシーの人生を変えるきっかけとなったエヴァン・ウイリアムズ。
そしてビズ・ストーンです。

Twitterの成功以降も、ジャックとエヴァンは、別のサービスを始めたりと結構アクティブでした。
ビズについてはその2人に比べると比較的おとなしめでしたが、遂に彼もCEOとして新しいサービスをリリースしました。
画像にフォーカスしたQ&Aアプリで、クラウドソーシングとソーシャルグラフと画像を上手く組み合わせた新しいサービスです。

ジャック、エヴァン、ビズのTwitter3兄弟が作るサービスはどれもハイセンスで、今考えるとこんな3人が一緒に取り組んだTwitterの成功って必然的かも、って気もしてきます。そしてそれぞれ個性があるからずっと一緒に働くのが無理だったのも納得できます。

ドーシーは、おなじみの決済サービスSquareを作って、それはアメリカで爆発的にヒット、日本にも進出して頑張ってます。

エヴァンは、実はTwitterの前にBloggerというブログサービスを作ってグーグルに売っています。そしてTwitter後にMediumというこれまたテキストベースのサービスを始めています。ブログとTwitterの中間に位置するようなサービスです。彼はテキスト系が得意なのでしょうか。

そしてビズがJelly。彼は画像とかもっとクリエイティブ系が得意なイメージです。

創るサービスは違えど、この3人に共通するのは、デザインやUXなどの、アート的な部分への入れこみが強い点です。皆さんセンスが半端ない。これからのサービスやアプリは、ビジネスモデル以上に、こういう抽象的な部分が大事になってくるのかもしれませんね…

今は英語版しかないけどTwitterの創業秘話はこちら。

Hatching Twitter: A True Story of Money, Power, Friendship, and Betrayal
Nick Bilton
Portfolio Hardcover
売り上げランキング: 6,088
スポンサーリンク