ウェブの未来「Wolfram Alpha」

http://www.wolframalpha.com

Wolfram Alphaというサービスをご存知でしょうか?

恐らく、数学者や科学者を除けばほとんど認知されていないサービスなのではないかと思いますが、このサービス実はめちゃめちゃスゴいんです。

Wolfram Alphaの名前を聞いたことが無くても、有名な数学ソフトウェアMathematicaを知っている人は多いことでしょう。

実はそのMathematicaを開発したスティーブン・ウルフラムこそが、Wolfram Alphaの開発者なのです。

スティーブンは、20歳の時点で既にカルテックからPh.Dを受け取っている超天才。有名な物理学者でノーベル賞受賞者のリチャード・P・ファインマンも「カルテックで次にノーベル物理学賞を受賞するのは彼だ」と言っているくらいです。

さてそのスティーブンが開発したWolfram Alphaは、一言で言ってしまえば高度なQ&Aシステムです。グーグルのような検索エンジンは、何か質問を入力すると、その回答が含まれてそうなドキュメントを返すのみですが、当サービスは高度なロジックを使って自らが計算し回答してくれるのです。

例えば、「ニューヨークにピアノ演奏家は何人いるか?」という質問に対し、グーグルならその答えをウェブ上から拾ってくれるだけだけど、Wolfram Alphaは自らのロジックを使って計算してくれます。しかもかなり高い精度で。日本語対応はしていないのですが、英語が出来る人は色んな質問をして遊んでみると面白いかもです。複雑な数学計算も行うことができます。

そういえばスティーブジョブズが若かりし頃「コンピューターに質問を投げかけると、考えて答えを出してくれるようになる時代がくる」みたいな事を言っていましたが、これはグーグルというよりはWolfram Alphaについて語っている気がします。(それにしてもこの時点で既にこんな事を語っているジョブスの先見性はスゴイ)

グーグルは単なる文字列による検索から1歩進んだセマンティック検索に力を入れていますよね。ただWolframはウェブを検索するわけではないし、独自データベースを用いて計算するだけですから、セマンティックウェブとはちょっと違う。よくグーグルキラー言われますが直接的なライバルでは無い気がする。

ただWolfram Alphaは、ウェブの未来である事は間違いないので、グーグルがWolframを買収して2つのシナジーが見られたりしたら1番面白いかなぁと思います。

グーグル ネット覇者の真実 追われる立場から追う立場へ
スティーブン・レヴィ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 30,286
スポンサーリンク